お尻に出来てしまったニキビに効果的な対策法とは

ウーマン

ビタミンCで美肌作り

鏡を持つ女性

化粧品選びのポイント

赤みが見られるニキビ跡は化粧品で治せます。ビタミンCというと肌を白くするというイメージが強いのですが、強い抗酸化作用の働きによって肌に染み込んでしまった赤みの原因となる色素を改善させることができます。ビタミンCを真皮まで届かせることができれば、コラーゲンの生成を強化することができます。コラーゲン量が増えると肌に潤いが増し、水分量が多くなって細胞の働きが良くなります。その結果、ターンオーバーが正常になって赤み等のトラブルを含む肌細胞もどんどん排出されるようになりますので、効果的なケアが行えます。肌への浸透率を考えた場合、より吸収率の高いビタミンC誘導体がお勧めです。ビタミンC誘導体は肌につけた後の成分の安定性にも優れています。

ビタミンCが人気の理由

ニキビ跡のケアでビタミンCが人気の理由は、現在色々な化粧品に含まれていますので簡単に入手でき、食事やサプリからビタミンCを摂取すれば内側からも外側からも同時にケアを行うことができるからです。赤みが見られるタイプのニキビ跡のケアでは炎症を起こしていた部分の修復を行うことも重要ですが、ビタミンCならそれが可能です。肌の内部から炎症箇所に働きかけて鎮めてくれますので、健やかな肌を取り戻すのに役立ちます。炎症した部分をそのままにしておくと、やがて紫外線等の外的刺激の影響でシミのような状態になってしまいますので、赤みの残るニキビ跡である段階で改善するように努めなければなりません。メラニンの生成が抑えられ排出を促しますので、長く続けると透明感が出てきます。